ページ内を移動するためのリンクです。
お知らせ
現在表示しているページの位置です。


2月4日 日経新聞朝刊の健保組合に関する記事について

2021年02月04日

ご加入者・関係者 様

 

 2月4日の日経新聞朝刊の1面に「健保負担、従業員に二重苦」と題する記事とともに、当健保組合の保険料率について掲載されました。

 

 当健保組合の保険料率に関しましては、ここ10年での国に納める高齢者医療支援のための拠出金の急騰(16→30億円)を補うために、事業主側・加入者側代表からなる健保組合会にてご承認をいただきながら、段階的に改定してまいりました。

 

 結果として事業主負担率・個人負担率ともに上昇致しましたが、10%を超える保険者も出ている中、当健保組合の保健料率は8.2%という、なお低い水準にありますので、今後も出来る限り維持できるよう運営努力してまいります。

 何卒、ご理解の上、引き続き、ご協力、ご支援いただきますようお願い致します。

 

※(ご参考)高齢者医療拠出金:後期高齢者(75歳以上)の医療を支える「後期高齢者支援金」や、

               前期高齢者(65~74歳)が多く加入する国民健康保険を支援する「前期高齢者納付金」など。

 

ページトップへ