ページ内を移動するためのリンクです。
各種手続き
現在表示しているページの位置です。

家族が扶養からはずれるとき

扶養の事実や必要性がなくなった場合、 家族が就職・死亡した場合、または収入基準額以上の収入が得られるようになったときは被扶養者からはずす手続きが必要です。
また雇用保険(失業給付)、出産手当金、傷病手当金等の休業補償を受けたら扶養をはずす手続をしてください。

必要書類
保険証(該当する被扶養者のもの)
高齢受給者証、限度額適用認定証、特定疾病療養受療証(交付されている場合)
提出期限
事由発生から原則として5日以内
対象者
【以下のような事由に当てはまる被扶養者がいる被保険者】
  • 就職・別居・死亡などにより被扶養者として該当しなくなった
  • 収入が増えて、被扶養者の認定条件を満たさなくなった
  • 仕送りをやめて生計維持関係がなくなった
  • 失業給付を受給した
備考
失業給付の受給開始の場合は「雇用保険受給資格者証」の全面コピーも添付ください。

登録されているよくある質問と回答はありません。

ページトップへ