ページ内を移動するためのリンクです。
健保のしくみ
現在表示しているページの位置です。

健保扶養の認定基準

認定条件

  1. 1.その家族は健康保険法に定める被扶養者の範囲であること。
  2. 2.他の健康保険に加入中ではないこと(国民健康保険は除く)
    【注意】75歳以上の方は後期高齢者医療制度に加入しますので、申請できません。
  3. 3.その家族に優先扶養義務者が他にいないこと。(※優先扶養義務者とは⇒その家族の「配偶者」、その家族が母の場合は「父」、兄弟姉妹・祖父母の場合は「両親」など。)
  4. 4.優先扶養義務者には扶養能力がなく、被保険者がその家族を扶養せざるを得ない理由があること。
  5. 5.被保険者はその家族を経済的に主として扶養している事実があること。(=その家族の生活費のほとんどを負担していること。)
  6. 6.被保険者には継続的にその家族を養う経済的扶養能力があること。
  7. 7.被扶養者の収入要件を満たしていること。
  8. 8.夫婦が共に働いていて(休業中は除く)子供を扶養する場合は収入が多い方の扶養とする。
    複数の子供がいる場合、父母で分けて扶養することは健康保険法で認められていないため、収入の多い親が子供全員を扶養すること。

<被扶養者になれないケース>

  1. 1.ワーキングホリデーや海外青年協力隊などで海外に行く場合は、被扶養者にはなれません。 扶養からはずれる手続きが必要です。
  2. 2.自営業者(農業・漁業・林業等含む)は、被扶養者にはなれません。 事業の売上や必要経費、経営状態などを含めてその事業の結果すべてに責任を負い、自ら生計を維持するものと考えます。国民健康保険に加入してください。

被扶養者の収入要件

1.被扶養者の収入基準額

  1. (1)以下、収入基準額を超える収入がないこと
    収入の例 判断単位 収入基準額
    60歳未満の方 60歳以上の方
    および60歳未満の障害厚生年金の受給要件該当者
    失業給付・傷病手当金・出産手当金 等
    日額単位で支給されるもの
    日額 3,612円未満 5,000円未満
    給与(控除前額・交通費・賞与含む)
    各種年金(公的・私的問わず)
    仕送り・その他継続性のあるもの
    月額 108,334円未満 150,000円未満
    不動産収入・利子・投資 等
    (確定申告しないと収入額が把握できないもの)
    年額 130万円未満 180万円未満
    • 複数の収入がある場合は、合算して判断します。
    • 税法上、経費として収入から控除されるものでも、健康保険上は控除できない場合があります。
    • 非課税・課税問わず、原則全て収入に含みます。
  2. (2)被保険者の収入の半分以上の収入がないこと
  3. (3)別居の場合は被保険者からの、仕送り額を超える収入がないこと

2.収入の範囲

  1. (1)給与収入(通勤交通費等各種手当含む税金等各種控除前額の非課税収入および賞与を含む)
  2. (2)各種年金収入(課税非課税・公的私的問わず、全ての年金)
    例:厚生年金・国民年金・共済年金・企業年金・自社年金・遺族年金・障害年金・私的年金等
  3. (3)不動産収入(土地・家屋・駐車場等の賃貸収入)
  4. (4)利子収入(預貯金・有価証券利子等)
  5. (5)投資収入(株式配当金等)
  6. (6)雑収入(原稿料・印税・講演料等)
  7. (7)健康保険の傷病手当金・出産手当金
  8. (8)雇用保険(ハローワーク)の失業給付
  9. (9)被保険者以外の者からの仕送り(生計費・養育費等)
  10. (10)その他継続性のある収入(譲渡収入等)
    ※一度限りの臨時のものは収入に含みません。

<収入の考え方>

  • ● 年の途中で就職した(年金受給額が変わった)場合
    ⇒ 就職(受給額変更)日以後の収入見込で換算
  • ● 退職した場合
    ⇒ 退職日以降、収入がない場合、収入は0円とみなす

●別居家族への仕送り

家族が別居している場合は、被保険者の継続的な金融機関を通じた仕送りによってその家族の生活費のほとんどを負担している事実が必要になります。

<※別居であっても仕送りが不要なケース>
A.単身赴任による別居
B.学生の子供が進学のため必要となる別居

●扶養認定日

被扶養者(異動)届および必要書類一式が提出され、健保組合が扶養の事実を認めた日が認定日となります。
(ただし、(1)出生においては出生年月日を認定日とします。また、(2)婚姻・(3)退職による異動事由と(4)退職後の任意継続の資格喪失による異動事由は、被保険者が1ヵ月以内に扶養申請した場合に限ってその事実が発生した日に遡って認定します。)

登録されているよくある質問と回答はありません。

ページトップへ